ご無沙汰してます。担当不定の杉原です。


先日六本木で遊びました、といってもクラブで夜通しウェーイしていたわけではありません。

フォーリナーのお兄さんたち怖いです。身体大きいし何言ってるかわからないし。

何をしたかというと、サントリー美術館で若冲と蕪村展を、BillboardでRasmus Faberのコンサートを観てきました。


【若冲と蕪村展】

伊藤若冲は、テレ東の某鑑定団で本物が全然出なくて、自分としては幻の画家。真作と対面したときの感動はずっと忘れないと思う。余談ですが、某鑑定団での贋作に対する安河内先生の総評が好きです。実に爽快で。

数少ない経験の中から、日本画家の最高峰は何年も変わらず長谷川等伯だったのですが、ちょっとそれが揺らぐ程の作品ばかりでした。いい絵を観られてよかった。

IMG_20150509_141613






































【Rasmus Faber】

大きく3部構成でした。


1. Rasmus Faberと彼のバンド
2. 1.と歌手のFrida(とその姉妹)
3. 2.と坂本真綾 


1. Pf.、Key.、Ba.、Perc.、Dr.の構成で、シンガーのお兄さん(ややゲイっぽいイケメン)の甘い声がとても心地よく、第1部が全体を通して一番よかった。安定感があって。

2. 途中から女性シンガーFridaさんとその姉妹(her sisterと言っていた気がするけど自信はありません)登場。Fridaさんについては、まずはこれを聴いてほしい。
 



えらく声がかわいらしい、この声を聞いて、どんな姿を想像するだろうか。
髪は金髪で、緩いウェーブ、ふんわりとした白っぽいワンピースを着た女性が出てくるとばかり思っていた。しかし出てきたのは部屋着を着たドラゴンタトゥーの女みたいな感じの女性。
え?本当に?と思ったが本物、声が素晴らしくかわいい。けど、かわいい声で歌ってるのに見た目がドラゴンタトゥーの女なもんだから、自分の現実に断層が生じているような心地が。あと爪に蓄光塗料が塗ってあった。まだ初々しくも、自分の声や歌をきちんと持っているように感じた。

3. 坂本真綾さんが登場して、一曲目、アルバム「イージーリスニング」から、「afternoon repose」のジャズアレンジだった。Rasmusさんの作ではなく、菅野よう子プロデュース時代の曲。個人的に一番好きなアルバムだったので、あの瞬間、会場で一番ニヤニヤしていたと思う。



毎度Billboardはオシャレで、まるで自分がオシャレ族になったかのような錯覚を起こしがちだけど、そこはもう大人だし、きちんと身分を弁えて、コソコソっと写真だけ撮ってササッと帰りました。

IMG_20150511_185747

 
 



































IMG_20150511_202221